定年後の再就職記事一覧

定年退職後の就職についてですが、まずは、失業保険受給の手続きしておきましょう。勤務年数に応じて、失業保険をもらうことができますので、じっくりと自分に合った再就職先を探してください。失業保険の被保険者期間が5年以上あった場合、60歳以降の賃金が60歳時点に比べて、75%未満に低下した状態で働き続けると、高年齢雇用継続給付金が支払われることがあります。65歳になるまでもらえる可能性があるので、再就職で...

公務員が定年退職する年齢は、職種によってずいぶん違います。国家公務員の場合、事務系職員は60歳、事務次官でも62歳となり、研究所や試験所の所長や検疫所などの医師は65歳です。最高裁判所、簡易裁判所の裁判官だけは70歳と高齢ですが、これは職務の特殊性によるものでしょう。自衛官は階級によって、53〜62歳と定年退職年齢に差があります。地方公務員の定年退職年齢は、現在のところ、6級以下は57歳、5級以上...

定年後の団塊世代の再就職について考えてみたいと思います。定年後の団塊世代の再就職は、能力が高い人にとっては、そう難しいことではないかもしれません。団塊世代が一斉に退職を迎えてしまうことで、労働力が不足してしまうからです。即戦力となる優秀な人材を求めている企業なら、定年退職直後の有能な人を雇用するでしょう。再就職活動をするまでもなく、雇用延長されたり、雇用形態を変えての再雇用という形で、元の会社に残...

定年後の独立の注意点としては、会社に所属していたときの顧客や取引先などの人脈が使えるとは限らないことです。大企業に勤めていたり、役職が高かったりすると、つい勘違いしてしまいがちですが、いざ独立してみたら、付き合いが途絶えてしまうこともよく起こります。本当に相手を満足させる仕事ができなければ、独立したばかりの時にはご祝儀的に仕事をくれたとしても、長くは続かないでしょう。会社に所属している間は、気が付...