定年退職後の就職

定年退職後の就職についてですが、まずは、失業保険受給の手続きしておきましょう。
勤務年数に応じて、失業保険をもらうことができますので、じっくりと自分に合った再就職先を探してください。
失業保険の被保険者期間が5年以上あった場合、60歳以降の賃金が60歳時点に比べて、75%未満に低下した状態で働き続けると、高年齢雇用継続給付金が支払われることがあります。
65歳になるまでもらえる可能性があるので、再就職で収入が低くなってしまったときには、対象になるかどうか確認してみるといいでしょう。
専門職での経験や特殊技能がないと、定年後の再就職は難しいかもしれません。
定年前の地位や収入などに固執せず、柔軟な姿勢で就職先を探す必要があります。
多少、収入が低くなっても、アルバイト的な仕事に就いて、趣味を中心とした生活をするというのも、一つの生き方ではないでしょうか。
また、定年退職後の就職活動が上手くいかなくても、悲観的にならないように気をつけてください。
それまで仕事に熱中してきた人ほど、無力感や喪失感に囚われてしまいがちですが、再就職先が簡単にみつからない人の方が多いのです。
自分を採用してくれる会社に出会えるまで、気長にがんばりましょう。
定年退職後の就職活動の前に、一度、人間ドックなどで自分の健康状態をしっかりチェックしておくのもいいかもしれません。
定年退職後は無理せず、ほどほどに働けるような就職先を探して、適度に働くというのが、健康のためにはいいと思います。

関連ページ

公務員の定年の年齢や再就職
定年退職してから老後の生活を楽しむ方もいますが、まだまだ元気で、再就職しよう!と考えている人もいらっしゃると思います。ここでは定年退職について、定年の延長や定年退職後の再就職について解説しています。
定年後の団塊世代の再就職
定年退職してから老後の生活を楽しむ方もいますが、まだまだ元気で、再就職しよう!と考えている人もいらっしゃると思います。ここでは定年退職について、定年の延長や定年退職後の再就職について解説しています。
定年後の独立の注意点
定年退職してから老後の生活を楽しむ方もいますが、まだまだ元気で、再就職しよう!と考えている人もいらっしゃると思います。ここでは定年退職について、定年の延長や定年退職後の再就職について解説しています。