定年後の独立の注意点

定年後の独立の注意点としては、会社に所属していたときの顧客や取引先などの人脈が使えるとは限らないことです。
大企業に勤めていたり、役職が高かったりすると、つい勘違いしてしまいがちですが、いざ独立してみたら、付き合いが途絶えてしまうこともよく起こります。
本当に相手を満足させる仕事ができなければ、独立したばかりの時にはご祝儀的に仕事をくれたとしても、長くは続かないでしょう。
会社に所属している間は、気が付かないうちに、その会社が培ってきたブランド力の恩恵を受けているものです。
それを自分の力だと錯覚してしまうと、定年後の独立はとても悲惨なものになるかもしれません。
独立すれば人に使われなくて済む、再就職先を探さなくていいなどの軽い気持ちで定年後の独立を考えているのなら、やめておいた方がいいと思います。
独立するということは、何もかも一人でやり、自分が責任を取るということです。
どんなに苦労してもがんばっていくという覚悟と家族の理解が必要になります。
税金や法律に関する勉強も必要ですし、今までなら誰かがやってくれていたことも自分でするか、できる人を雇わなければなりません。
明確な独立する理由がなければ、事業が軌道に乗るまでに挫けてしまいます。
定年後の独立で大成功した人もいますが、その何倍もの失敗者がいることを忘れないでください。
定年後に独立しようと思っている人は、定年の遥か前に準備を整えておくものです。
いざ定年直前になって、独立でもしようかなんていう甘い考えでは定年後の独立は無理でしょう。

関連ページ

定年退職後の就職
定年退職してから老後の生活を楽しむ方もいますが、まだまだ元気で、再就職しよう!と考えている人もいらっしゃると思います。ここでは定年退職について、定年の延長や定年退職後の再就職について解説しています。
公務員の定年の年齢や再就職
定年退職してから老後の生活を楽しむ方もいますが、まだまだ元気で、再就職しよう!と考えている人もいらっしゃると思います。ここでは定年退職について、定年の延長や定年退職後の再就職について解説しています。
定年後の団塊世代の再就職
定年退職してから老後の生活を楽しむ方もいますが、まだまだ元気で、再就職しよう!と考えている人もいらっしゃると思います。ここでは定年退職について、定年の延長や定年退職後の再就職について解説しています。